介護食は宅配で負担を軽減できる

嚥下障害を患うと肺の内部が蝕まれるため本来通り血流が成されずに、水分やナトリウムが体内に溜まりやすい状態になります。同時に尿中に出されるはずの老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)が、体内で増加し初めます。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の元凶となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く怖れがあります。そのためご飯療法では、適正な食材の硬さ・水分・蛋白質・エネルギー量を体内に供給し続ける事がもとめられます。嚥下障害を患っていてもご飯療法が的確ならば、体内に老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)や毒素は蓄積されていきません。老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)がたまらなければ尿毒症を防ぎ、嚥下障害の悪化のペースを遅くできます。非常に上手くいくと、嚥下障害が進行しなくなったと言ってもいい程遅らせることが出来る場合もあります。ご飯療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。ご飯療法に関しては、患者が自ら自発的に手掛けられる最善の治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)方法です。ご飯によって獲得したたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、幾らかは老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)は尿として排泄されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。けれど、たんぱく質は人体を動かす重大なエネルギー源となるため、適切な量は摂取する必要があります。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)で、腎臓に行き分離された後他の老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)共々、尿中に排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉が衰えてくると、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が多くなるために、クレアチニン値が低くなります。人間の体にとって重要な3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質があります。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質については性質上分解されると7~8割程度窒素を含んだ不要な老廃物(代謝によって生じた代謝産物のうち、体にとって不必要、もしくは、有害なものをいいます)になってしまうため、排泄時に腎臓に負担がかかります。ですので、日頃から摂取するたんぱく質の量をセーブするようにしましょう。体の機能を保つ上で最低限のたんぱく質の量は体重1kg当たり0.6g/日が必要とされ、一日分で言えば30~40gに相当します。肉や魚その他卵や豆腐はおもったよりな量のたんぱく質があり、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘いものと言えど思った以上にあまたのたんぱく質がふくまれているのです。お菓子には小豆や牛乳・卵が使われているため、エネルギー補うためとは言え口にし過ぎれば、基準値を超えたたんぱく質を摂取する事になります。例としては、ショートケーキ単品であっても卵1個程のたんぱく質がふくまれます。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜・芋類を献立に入れる場合、小さめのサイズに切って水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で無くせるカリウムの値は、食材の品目や調理時の処理時間や形状・水量によりちがいが出ます。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜の場合45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめのサイズに切る、茹でた後はしっかり水を切る、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。嚥下障害に悩まされる方に向けて、たんぱく質の少な目な介護食品が売られています。こう言った食品を適切に摂り入れる事で、そのままでは難しいご飯制限がおこないやすくなります。腎臓の機能が落ちていく程、現状以上に細かにご飯を管理しないとならない状況に陥ります。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー量にも制限が生じます。個人の見解で判断するのではなく、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。嚥下障害が凄かったり尿があまり出ない時は、食材の硬さに加えて水分の調整も必要になります。この際の制限の定義としては、飲み水の他、食品中における全水分が相当します。嚥下障害の程度が軽かったり存在しないのであれば食材の硬さの制限のみで済みます。この場合の水分制限は病気の状態や尿量により医師が判断します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので独断で制限を行なう事は危険です。嚥下障害のご飯療法の目的は、嚥下障害を極力進行させない事と、現在の健康の具合のキープです。透析開始前の俗に言う保存期に当たる方なら、ご飯療法を試みる事で腎不全の急激な悪化を食い止められ、透析を要する時期を極力遅くできます。また、透析導入後も、体調を維持しながら透析に当たるために、ご飯療法は非常に重要な治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)法です。
あわせて読むとおすすめなサイト>>>>>介護食宅配ランキング